Swift

WKWebViewをSwiftUIに適したインターフェースで扱えるラッパーライブラリをOSSとして公開しました!

はじめに こんにちは、iOSエンジニアのKyome(@Kyomesuke)です。 私が担当しているkintoneのモバイルアプリはWKWebViewを用いたハイブリッドアプリなのですが、UIKitからSwiftUIへのリプレイスにあたってWebViewをSwiftUIに適したインターフェースで(つま…

try! Swift Tokyo 2024 参加レポート

はじめに こんにちは! サイボウズでiOSエンジニアをしている岡です。 先月の3/22-24に行われたtry! Swift Tokyo 2024に参加してきました! 視聴者として参加しただけでなく、スポンサーとしても参加してきましたので出展したブースの様子や個人的に感じたポ…

サイボウズはtry! Swift Tokyo 2024 にスポンサー協賛します!

こんにちは! サイボウズ モバイルエンジニアの森嶋です。 3月22日(金)から、try! Swift Tokyo 2024が開催されます。 try! Swift Tokyoは、iOSアプリやmacOSアプリ、Swift on Server、SwiftWASMなど、Swiftに関する知識を共有するための国際カンファレンスで…

iOSDC Japan 2023 にスポンサーとして参加しました

こんにちは。kintone のモバイルアプリ開発チームの松元です。 2023年9月1日(金)〜3日(日)、iOSDC Japan 2023が開催されました。 ※ 写真撮影時のみマスクを外しています サイボウズはプラチナスポンサーとして協賛しました。 過去にも行っていたTシャツスポ…

サイボウズのiOSプロダクトで利用しているProperty WrapperをOSSとして公開しました!

はじめに こんにちは、モバイルエンジニアのオジマです。 Swiftにはバージョン 5.1からProperty Wrapperという強力な言語機能が追加されています。SwiftUIの@Stateなどでも馴染みが深いのではないでしょうか。 Property Wrapperは@StateなどのすでにAppleが…

CocoaPods から Swift Package Manager に移行した話

こんにちは、モバイルエンジニアの中村(@Kyomesuke)です。 私が担当している kintone の iOS アプリでは、脱レガシーを目指して Apple 製の新しいフレームワークやビルドツールの導入/移行に取り組んでいます。 今回はその取り組みの一つである、ライブラ…

アプリが依存している Swift Package ライブラリのライセンスを一覧表示するためにライブラリを作りました

はじめに こんにちは、モバイルエンジニアの中村(@Kyomesuke)です。 私が担当している kintone のモバイルアプリ(iOS)では、現在脱レガシーを目指して幾つかの課題に取り組んでいます。 その一つとして、パッケージマネージャーを CocoaPods から Swift …

SwiftPMによるマルチモジュール構成でSwiftGenをビルド時に実行する

はじめに こんにちは、モバイルチームのオジマです。 私が担当しているサイボウズ Office 新着通知のiOSアプリでは、これまでXcodeGenとCocoaPodsを用いてマルチモジュールなアーキテクチャを構成していました。しかし、開発環境の構築においてRubyのバージ…

SwiftUIでButtonのlabelにImageを含む場合のVoiceOver読み上げコントロール

こんにちは、モバイルチームの榎原(@el_metal_)です。 iOSアプリでは一覧→詳細のビュー構造は頻出パターンです。 この時、SwiftUIではListとNavigationLinkを利用したいところです。NavigationLinkではリストのセルはボタンになります。 また、Listはまだ…

WKWebViewでの認証ハンドリングをテストする

こんにちは、モバイルチームの@el_metal_です。 弊社のiOSアプリではWKWebViewでも認証が必要なコンテンツを表示しているため、WKWebViewで認証処理を行なっています。 今回はWKWebViewでの認証ハンドリングをテストする方法についてご紹介します。

やっと UIWebView から WKWebView に乗り換えられる話

こんにちは〜! モバイルチームの向井田です。 iOS の UIWebView が deprecated になって数年、弊社の iOS アプリもようやく WKWebView に移行できるようになりました。 そこで、今回は私たちが WKWebView に乗り換えられるようになった理由を語っていきます…