サイボウズサマーインターン2020 モバイルアプリ開発コース開催報告

モバイルコース集合写真

こんにちは!モバイルチームの刈川です。 今年もサイボウズではサマーインターンシップを開催しました。 すでにセキュリティコースWeb開発コースの開催報告が上がっていますが、今回はモバイルアプリ開発コースについて紹介したいと思います。

続きを読む

富岳版XbyakがIntelの深層学習ライブラリoneDNNにmergeされる

初めに

サイボウズ・ラボの光成です。

このたび、Intelの公式深層学習ライブラリoneDNNに、富士通が開発しているスーパーコンピュータ富岳向けのPull Requestがmergeされました。 その開発に関わることになった経緯を紹介します。

続きを読む

SLO策定とアラート設定までの長い道のり

こんにちは、@ueokandeです。早速ですが、皆さんが運用しているサービスには、SLO (Service-level objective: サービスレベル目標) がありますか?アラートの監視項目はどのように設定して、基準値をどのように決めていますか?

社外とのコミュニケーションだけでなく、社内向けのSLOを決めておくことで、サービスの健康状態を知るための手がかりや、普段の開発・運用タスクの優先度を決める上での指標にもなります。 またSLOがあると、サービスを監視するアラートに、理にかなった閾値を設定できます。 この記事ではAWS版kintoneの、SLOとアラートを設定するまでの記録について紹介します。

続きを読む

サイボウズサマーインターン2020 セキュリティコース 開催報告

こんにちは!Cy-PSIRTの純平です。

本記事は7月に行われたサマーインターンシップの開催報告です。

例年、「品質保証セキュリティコース」として開催していたセキュリティコースのインターンですが、 より対象者を明確にし、充実したコンテンツにするため今年より「品質保証コース」と「セキュリティコース」を別開催といたしました。 さらに、今年のインターンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によりフルリモートで開催いたしました。 blog.cybozu.io

続きを読む

サイボウズサマーインターン2020 Webコース開催報告 ~完全オンラインでkintoneカスタマイズ開発~

こんにちは、kintone開発チームの内山です。今年もインターンシップを開催しました!
今年のインターンシップは、コロナウィルスの状況を鑑みて、初の完全オンライン開催となりました。
この開催報告では、インターンシップの概要と完全オンライン開催で気をつけたこと、完全オンライン開催ならではだった問題を紹介します。

続きを読む

2022年新卒採用 エキスパートエンジニア職のご紹介

サービス運用部の吉川です。今回はサービス運用部が2022年新卒採用で始めたエキスパートエンジニア職採用について、学生の視点に立ってみて説明が必要だと感じた点をQ&A形式でまとめてみました。クラウド基盤エンジニアとして働くことを検討中の方はエントリー前のチェック項目としてご活用ください。*1

Q1: 制度の概要を教えてください

A1: サイボウズのクラウド基盤エンジニアとして一年目から即戦力となって働く自信のある学生を対象にした新卒採用制度です。配属先が限定される点がキャリア採用に近い形となっています。

Q2: 対象となる職種と配属先は?

A2: 運用本部のサービス運用部に配属され、SRE、QA、Maneki Project、Neco Projectに関する業務を担当します。詳しくは募集要項の歓迎スキル欄から辿れるキャリア採用ページの説明をご覧ください。

Q3: 新しい採用制度ができた背景が知りたいです

A3: OSSの普及やインフラのソフトウェア化が進むにつれて、企業で働くエンジニアに引けを取らない経験やスキルを持つ学生も増えています。また、そういった自信を持つエンジニアから入社時の待遇について差別化を求める声もあがっています。このような事情を考慮し、具体的に応募が期待できる一部職種についてキャリア採用に近い形での採用制度を導入することになりました。

Q4: エントリーするにあたって何か条件はありますか?

A4: 学歴など形式的な条件は設けておりませんが、書類選考と採用面接でクラウド基盤エンジニアとして即戦力で働けることを示す必要があります。これまでの研究業績やクラウド基盤に関連するOSSの開発履歴など、エントリー時に何かしら具体的に提示してください。

Q5: エキスパートエンジニア職と従来のエンジニア職のどちらで応募したら良いですか?

A5: 入社後にクラウド基盤エンジニアとして働きたいという考えが明確であり、キャリア採用の場合と同様に即戦力として働くための経験・スキルを持っている方はエキスパートエンジニア職での応募をご検討ください。入社後に自分の適性について相談しながら配属先を検討したいという方は従来のエンジニア職で応募してください。後者のパスでもクラウド基盤エンジニアを志望することは可能です。

Q6: 入社後のキャリアや将来の待遇に関して特別な扱いはありますか?

A6: ありません。初年度の年収を決める際に入社時の即戦力としての期待値を考慮しますが、それ以降はどの制度で入社した人も対等に扱います。

*1:回答は記事執筆時の内容に基づいたものであり、採用状況に伴って制度詳細は変わる可能性があります。