「言葉で製品を支える」TCチームのお仕事を紹介します!

これは、Cybozu Advent Calendar 2021の2日目の記事です。

こんにちは! テクニカルコミュニケーション(以下、TC)チームの米山です。
2021年1月にサイボウズへキャリア入社し、もうすぐ1年になります。
普段はテクニカルライターとして、GaroonのUI文言の検討やヘルプサイトの更新などを担当しています。

と、ここで「テクニカルライター」って何!?となられた方!そうなんです、「ヘルプやUI文言を作る専門職」には名前があるんです!

この1年の中で、たびたび痛感していることがひとつあります。
それは「テクニカルライター(UXライター)の知名度低すぎ?」ということです。

f:id:cybozuinsideout:20211129090343p:plain:w200
テクニカルライターの知名度、低すぎ?

こんなに面白い「テクニカルライター」という仕事が知られていないなんてもったいない!
ということで、今回はサイボウズのテクニカルライターが所属しているTCチームのお仕事を紹介してみようと思います。
とはいえ、テクニカルライターの仕事は時代に合わせてどんどん変わっていくもの。
こちらは2021年12月現在のお仕事としてお読みください。

続きを読む

8年ぶりにサイボウズアドベントカレンダーを開催します!

こんにちは WASABI(社内コネクトチーム)のいけもとです!

本記事はサイボウズアドベントカレンダーの1日目の記事になります!

(所属のWASABIってなんぞや?って気になった方は下記の記事を見てみてください!)

blog.cybozu.io

突然ですが、今日から約一ヶ月間サイボウズアドベントカレンダー始めます!

adventar.org

続きを読む

kintoneマイクロサービス化検証プロジェクトのWebフロントエンドにおける技術選定

こんにちは、フロントエンドエキスパートチームのsakitoです。

本記事ではkintoneをマイクロサービス化するためのPoCプロジェクトにおけるWebフロントエンドの技術選定について紹介します。

続きを読む

そのメール、本当に届いてる?Amazon SESの運用で得た監視プラクティス

こんにちは、kintone.comのバックエンドエンジニアをしている@ueokandeです。 いきなりですが、メールって難しいですよね。 普段HTTPに慣れていると、メール周りのプロトコルの理解は難しく、トラブルにも見舞われることも少なくないです。 またメールプロトコルの性質上、メールを送った後にもトラブルは起こりがちです。 グローバル向けkintone.comはAWSで運用しており、メールの機能はAmazon Simple Email Service(SES)を利用しています。 この記事ではkintone.comのメール基盤の全貌と、Amazon SESを利用する上での運用プラクティスを紹介します。

続きを読む

bpftraceを使ってバイナリの謎の性能劣化を突き止めろ

サイボウズ社内ではC++で開発している製品があります。 未知のバッファオーバーランなどの脆弱性への対策として、重要なコンポーネントについてはプロダクション環境で利用しているバイナリでも AddressSanitizer を有効にしてビルドしています。

その製品で利用しているコンパイラをgcc5.3.0からgcc7.5.0に更新したところ性能劣化が発生しました。 製品コードとは別の部分が原因のため、根本原因の追跡が難しそうです。perf,bpftraceを使って性能劣化を追いかけてみましょう。

続きを読む