サイボウズサマーインターン2021 報告 〜 Kubernetes基盤開発コース

こんにちは、Necoチームの鈴木、石井、そしてストレージチームのsatです。

サイボウズは毎年サマーインターンシップを開催しています。去年に続き、今年もCOVID-19の影響でフルリモート開催でした。 インターンには様々なコースがありますが、本記事ではその中で我々が取り組んだKubernetes基盤開発コースの模様をお届けいたします。ここでいう「Kubernetes基盤」とはKubernetesを用いたサイボウズの次期インフラ基盤Necoのことを指します。

cybozu.co.jp

続きを読む

テクニカルライターが働きながら学ぶ大学院を紹介します

こんにちは。テクニカルコミュニケーションチームの澤井です。 今回はInside Outとしては珍しく、働きながら、仕事に関する知識を大学院で学ぶという活動について紹介したいと思います。ちょっと長いですが、同じようなことを始めたいと思っている方の参考になれば嬉しいです。

続きを読む

障害発生!全員集合? - オンコールアンチパターンからの一歩前進

8月だというのに涼しい日が続きますね。 kintone.comのDevOpsをしている@ueokandeです。 もうすぐAWS版kintoneのローンチからから2年が経過しようとしています。 この2年間、DevOpsチームではkintone.comのサービス安定化やスケーラビリティに注力してきました。 時には本番環境の障害で休日や深夜に障害対応することもあります。

kintone.comの障害の一次対応は、我々DevOpsメンバーが実施しています。 サービスローンチ直後は、メンバーの多くがオンコールに不慣れで、慌てて障害対応したりうまく進められないことが何度もありました。 そこでメンバー全員が効率的・効果的な障害対応を目指すべく、チームでPagerDuty社のIncident Response非公式日本語訳版)を読むことにしました。 この記事ではAWS版kintoneで実際に体験した障害対応のアンチパターンと、PagerDuty社のIncident Responseから得られた教訓について紹介します。

続きを読む

ほんとに開発できるの?・・・と心配された私たちがオペレーターの枠を超えてみた

先日公開した記事「理想のプロダクトを作るために利用者が開発チームの一員になった話※」では、販売管理オペレーターが開発チームの一員となったことで、より良いシステムの開発につながったことを紹介しました。今回は、その「オペレーター」側の2名にインタビューし、開発チームの一員になった際の周囲の反応や今後の野望など、前回の記事では触れられなかった裏話をご紹介します。
続きを読む

Macのゼロタッチデプロイはじめました

こんにちは。情報システム部のあおてつ(@ao_Tetsu)です。
今回はInside Outとしては珍しく情シスの取り組みを紹介したいと思います。

サイボウズの情シスは「誰でも、いつでも、どこでも最高の仕事ができるITシステムを作る」というミッションを掲げて業務を行っています。 会社で貸与するPCが4種類+2種類から選べるのもそのミッションに基づいた施策の一つです。

www.slideshare.net

そして今年(2021年)の2月から、Macのセットアップはゼロタッチデプロイで提供する運用を開始しました。その経緯や仕組み、実際にやってみてどうだったか?というリアルを公開いたします!

続きを読む