2024年もAndroidエンジニアでGoogle I/O報告LT会を開催しました!

こんにちは、kintone開発チームのAndroid担当のトニオ(@tonionagauzzi)です。
今年もGoogle I/O報告LT会を開催しましたので、その様子をお伝えします。

Google I/Oとは?

Google I/Oとは、Googleが毎年開催する開発者向けイベントです。
今年は去年以上にAI関連サービスの発表が多く、見応えタップリだったのではないかと思います!

LT会について

今回紹介するLT会は、サイボウズの各プロダクトを担当するAndroidエンジニアが集い、Google I/Oで気になったセッションをライトニングトーク形式で紹介しあうイベントです。
2022年(第1回)2023年(第2回)にも開催しており、好評を得て第3回の開催に繋がりました!

発表資料

今年の発表資料を紹介します!

What's new in flutter

コメント

DartでMacro使えるのか!

Wasm使えるのすごい

Swiftもmacro入ってたな。流行ってるのか

What's new in Firebase for building gen AI features 気になったところ

コメント

GraphQL手軽に試せるのはイイですね!

やっと、RDB使えるようになって嬉しい

Rolloutは、新機能のリリースに使えそう

Build widgets with Glance

コメント

Glance用のComposable使わないといけない

普段のComposableが使えないのは、描画システムが全然別物なんですかね?

Glanceのテストライブラリは1.1から追加されたらしい

"What's New in Google Play"のまとめ

コメント

GooglePlayにアプリのエントリーポイントを作れるのか、すごいな

GooglePlayが、ポータルサイト的な画面になっていくんですかね。GooglePlayって名前も変わりそう

パーソナライズ化の波がGoogle Playアプリにもきたのか

マテリアル 3 のアダプティブライブラリを使用して UI を作成する

コメント

昔より、画面幅対応が簡単になったかも

マルチサイズ対応諦めがちだった

NavigationRailやDrawerの初期状態の定義とかで悩みそうだ

Google I/O 2024 - Gemeni API on Androidの解説

コメント

簡単にAI使える時代が来てるのを感じる

Gemini 1.0→1.5でLarge Context Windowに対応されるのでより長文に耐えうるらしい

今は無料だけど有料化の予定?

ChecksでアプリコンプライアンスとAIの安全性をシンプルに

コメント

プライバシーコンプライアス対応アシスタント欲しかった!

ガイドラインが変更された時の対応が楽になると良いなー

Checksめちゃ便利。これ法務の方に共有すると喜ばれそう

Androidのオンデバイス生成AI

コメント

まだオンデバイスAIは、リリース途中っぽい

追加利用料かけずにAI使いたいから、オンデバイスAI使いたい

センシティブなデータを扱えるオフラインだからこそ議事メモ要約とかをしたかったなー、今後に期待!

Android 開発ツールの新機能

コメント

Android Studioの便利機能が増えてきてるから、生産性もっとあがりそう

前にBaseline作るとき面倒だったから、 簡単にBaseline Library追加できるようになったのは嬉しい

エミュレーター起動中にDevice Setting変更できるのめっちゃ良い!

さいごに

当日はmiroのオンラインボードを使い、参加者からの質問や活発な議論を行いました!

miroを使ったLT会の実況ボード
miroを使ったLT会の実況ボード

発表資料は、サイボウズのテックサイトにもアップロードしました。 https://tech.cybozu.io/slides/tags/android/

今年も興味深い内容が多く、非常に有意義な時間を過ごせました!
LT会の所要時間は準備時間を含めて2時間でしたが、昨年を超える9名の発表者による発表をやり切ることができました。
来年もさらに充実した内容をお届けできるよう、エンジニア一同努力を続けます!