組織変更したら部長がいなくなりました

こんにちは、最近愛媛から広島に移住した組織運営チームの水戸です。

2019年からサイボウズの開発本部から職能・地域毎に分かれた部署がなくなり、チーム主体の組織になりました。 組織変更をオープンに議論するというチャレンジングな試みの中で、新組織の理想はユーザー価値の最大化に定まり、個人やチームがより主体的に動ける組織構造に変わりました。 この記事では私がファシリテートを担当した組織変更をご紹介します。

続きを読む

kintone の性能改善について紹介します

こんにちは、ミドルウェア開発チームの青木(@a_o_k_i_n_g)です。

今回は、サイボウズ製品のひとつである kintone に対して行った性能改善の成果を紹介したいと思います。kintone は面倒なコーディング無しに業務アプリケーションのようなものを作ることができ、様々なデータを格納したり、複雑な条件で検索したりソートしたり、アクセス権もきめ細やかに設定したりできるというサービスです。この kintone はサービスの性質上、多種多様で複雑なクエリを発行します。またデータ量も膨大で MySQL だけで計数十テラバイトのデータが存在しており、クエリの処理時間が長時間かかってしまうこともあります。

サイボウズでは kintone の性能改善に力を入れており、今回はその成果を紹介しようと思います。

続きを読む

RxSwift で多重実行防止と実行中の表現を簡潔に書く

こんにちは。モバイル開発チームに所属している小島です。

Rx を使うとコードをシンプルに書くことができるので好きです。今回はある処理(API呼び出しなどを想定)を同時に複数回実行しないような制限を実現する Extension を考えてみたので紹介したいと思います。

続きを読む

OpenSTFとkintoneでモバイル端末を管理する話

こんにちは。品質保証部の園です。 モバイル端末、何台持っていますか? 管理面倒ですよね!!
積年の問題を解決すべく、OpenSTFkintoneを組み合わせて、検証用のモバイル端末数十機を管理する仕組みを作りました。はまりどころ含めてご紹介します。

続きを読む

Kubernetesのネットワークプラグインを自作した話

こんにちは、インフラ刷新プロジェクト「Neco」の[@ueokande][]です。 本日はインフラ刷新プロジェクトで開発したKubernetesネットワークプラグインについてお話します。 Necoでは現在のアーキテクチャを刷新して、機材管理やアプリケーションのデプロイを簡単にするために、オンプレミス環境でKuberneteを運用できる仕組みづくりに取り組んでます。 その成果物の1つである、Kubernetesネットワークプラグイン「Coil」についてご紹介します。

github.com

Kubernetesは管理者がプラグインを選択・作成することで、実行環境や要件に合わせて自由にカスタマイズできます。 ネットワークプラグインもコンテナの実行環境に合わせてカスタマイズ可能です。 サイボウズが自社データセンターでKubernetesを運用するために、Kubernetesネットワークプラグインを作成しました。 この記事では、Coilのアーキテクチャと、なぜ自社開発に至ったかの経緯をお話しします。

続きを読む

KubeCon + CloudNativeCon North America 2018 現地レポート 3日目

こんにちは、Necoプロジェクトのsatです。カンファレンス最終日、3日目のレポートです。

0日目から2日目のレポートはこちらです。

blog.cybozu.io

blog.cybozu.io

blog.cybozu.io

2日目までは執筆者各人がその日に参加したセッションの中からいくつか面白かったものを選んで書くというスタイルでしたが、最終日の今日は少し毛色を変えて1日目と3日目に合計4つのセッションがあったRookというソフトウェアを集中的に紹介したいと思います。Rookとは分散ストレージソフトウェアの一つであるCephをkubernetesによって管理するためのオーケストレーターです。

Cephについてご存じないかたは、本記事を見る前にCephの概要について述べた以下の記事をごらんください。

blog.cybozu.io

続きを読む