モバイルチームのモブプログラミング解剖

こんにちは、モバイルチームの向井田 (@mr_mkeeda) です。

サイボウズではあらゆる業務でモブプログラミング(通称モブプロ)が実施されていて、モバイルチームでも同様に毎日モブプロしています。 この記事では、入社してから4年間、私が毎日やっているモブプロを紹介します。

この記事で知れることざっくりまとめ👇

  • モブプロ環境
  • モブプロ参加者の役割
  • モブプロの長所と短所
  • 私のモブプロに対する感想
続きを読む

kintoneの内部を(こっそり)Reactに置き換えるチームがあるってホント?

ブログ記事タイトルのサムネイル画像

こんにちは!フロントエンドエキスパートチーム兼 Mira チームで活動している@nus3_です。

サイボウズが提供するkintoneは 10 年以上にわたり多くのユーザーにご利用頂いています。現在、kintone の開発が引き続きスケールできるように、Closure Toolsから React へと置き換えるフロントエンドリアーキテクチャプロジェクト(フロリア)が絶賛進行中です。

フロリアの詳細については次の記事をご覧ください。

続きを読む

SwiftUIでButtonのlabelにImageを含む場合のVoiceOver読み上げコントロール

こんにちは、モバイルチームの榎原(@el_metal_)です。

iOSアプリでは一覧→詳細のビュー構造は頻出パターンです。 この時、SwiftUIではListNavigationLinkを利用したいところです。NavigationLinkではリストのセルはボタンになります。 また、Listはまだまだ細かいグラフィックの制御ができないため、LazyVStackを利用したり、グリッドにするためにLazyVGridを利用したりすることはよくあります。
この時各要素ではButtonを利用することでタップ時のフィードバックを簡単につけられるため、こちらもボタンを選択することはあるでしょう。

VoiceOverではButtonlabelは全体を1要素としてインタラクションします。 さらに、labelの中のTextは読みあげられますが、Imageは読み上げられません。 Imageに意味を持たせていた場合にインタラクションが破綻してしまいます。

サイボウズ Office 新着通知 では実際にこの挙動に遭遇し、対応しました。

この記事では、この問題に対処する方法をお伝えします。

続きを読む

typescript-generatorを利用して、HTML に埋め込んだ JSON データをフロントエンドで型安全に扱う

こんにちは!kintone フロントエンドリアーキテクチャチーム (フロリア) の西川 @nissy_dev です。

最近のフロントエンド開発で導入されることの多い TypeScript ですが、開発期間の長いプロジェクトに導入する際にはバックエンドとの結合部分の型定義をどう扱うかが問題になる場合があると思います。

今回の記事では、フロリアで取り組み始めた、HTML に埋め込んだ JSON データをフロントエンドで型安全に扱う施策について紹介します。 フロリアのプロジェクトの詳細については、 @koba04 が書いた次の記事をご覧ください。

blog.cybozu.io

続きを読む