読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「サイボウズ・ラボユース Hackathon 2014 夏」 いよいよ開幕!

インターン ハッカソン

8/20に始まった「サイボウズ・ラボユース Hackathon 2014 夏」の様子を今年もレポートしたいと思います。昨年のレポートはこちら


前回に引き続き、Hackathon のルールは3日間で自分の好きなソフトウェアを作って最終日にプレゼンテーション。期間中はサイボウズやサイボウズ・ラボで開発をしているスペシャリストが全力でサポートします。 今年の Hackathon には狭き門をくぐり抜けた6名が参加しています。

無限レッドブル!

もちろん今年も無限レッドブルです。ただし飲み過ぎには注意です。昨年は3日間で100本も消費されたとか・・・。

おっと、レッドブルガールがマスクを... 夏風邪には注意しましょう。
おっと、レッドブルガールがマスクを... 夏風邪には注意しましょう

まずは自己紹介から

簡単なオリエンテーションの後、自己紹介をしました。

オリエンテーションの様子
オリエンテーションの様子

チューターによる開発講義

自己紹介が終わると、サイボウズの佐藤、サイボウズ・ラボの川合、西尾による開発講義が始まります。

まずはサイボウズ kintone チームの佐藤の講義から。kintone についてやサイボウズの開発の進め方を紹介しました。

サイボウズの佐藤が kintone の開発について紹介
サイボウズの佐藤が kintone の開発について紹介

引き続きラボの川合、西尾からの講義がありました。

川合は世界最小のプログラムを開発することに命をかけています。プログラムサイズが世界最小のオセロとか、最小の OS とかとかとか。

OSECPU-VM ってなに?
OSECPU-VM ってなに?

西尾は良いアイデアを出すためのコツについてを伝授。


"問題" が何かあいまいなまま "解決策" を考えていませんか?

講義の後はラウンジでチューターや社員とランチを食べました。初日のお昼はハンバーガー。サイボウズ社員もよくデリバリーを取っています。

ランチタイムも技術の話題で盛り上がります
ランチタイムも技術の話題で盛り上がります

いよいよ開発スタート!

テーマが決まったメンバーからそれぞれ開発に取り組みます。

黙々と開発中
黙々と開発中

ときにはPCから離れて紙とペンで考えを整理。

考えを整理しているようです
考えを整理しているようです

参加者を見守るチューターも真剣です。

チューターも真剣勝負
チューターも真剣勝負

今年の Hackathon ではサイボウズ Live をプロジェクト管理や参加者同士のコミュニケーションの場として使っています。それぞれ掲示板が用意され、チューターと相談したり、進捗を報告します。

メンバーの状況が掲示板に報告されます (画面は8/21のもの)
メンバーの状況が掲示板に報告されます (画面は8/21のもの)

夕食、そして旅館へ

初日の夕食は水道橋のスペイン&イタリア料理の Barco というお店に行きました!

美味しい食事と楽しい技術の話
美味しい食事と楽しい技術の話

夕食後はお茶の水の昇龍館へ移動。

今年も和風旅館です
今年も和風旅館です

旅館の冷蔵庫にもレッドブルのストックはバッチリです。引き続き旅館でも開発に取り組みました。

飲み過ぎにはご注意を
飲み過ぎにはご注意を

翌日聞いたところ、布団の上で深夜まで開発したそうです。何が出来上がるのか楽しみですね!