読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KPIツリー勉強会してみました!

勉強会

サイボウズ メールワイズの PM やってます、山田(@shoji_yamada)です。
5月20日、講師に POStudy主宰者の関さん(@fullvirtue)と、GMOペパボ高橋さん(@kenchan)をお迎えし、サイボウズの開発PM 対象に「KPIツリー勉強会」をやっていただきました。

とある事業会社・・・サイボウズのことです。気を遣わせてごめんなさい。
事業会社からサイボウズに書き換えてくれた関さん。ありがとうございます。

事の発端

4月にサイボウズで開催されました pmjpオフ会#3 にさかのぼります。
そこでの GMOペパボ高橋さんの発表


KPIツリー・・・。KPIは他社のPMさんがよく口にされています。

前々から気になっていたのですが、サイボウズの開発PMは「指標」や「数値」を元に仕事してます!とはいえないのが現状です。
漠然と数値を見るのではなく意識するきっかけを作りたいよね、「指標」を使って成長を判断をすることを意識できるようにしたいよね、という話が部内で出て・・・

ということで、関さんと高橋さんにお願いし、プライベートセミナーを実施していただきました。

KPIツリー勉強会やってみた

用意いただいた資料

参加者は都合良く各プロダクトの開発PMが集まりました。
そして、PM部長。担当プロダクトがないから、人材募集がお題です。
そうです。サイボウズはプロダクトマネージャを募集しています。

キャリア採用プロダクトマネージャー

話がちょっとそれました。

まず、各自でKPIツリーを作ってみました。
(隠すほどのものじゃないのですが・・・緑は他のメンバーからのフィードバック付箋)

f:id:cybozuinsideout:20160524184553j:plain

私が考えてみたのは、枝としては大きく2つなのかな、と。

  • 売上げ(額)
  • 継続率(製品を使い続ける率)

ここを元に枝を増やしてみました。(他のメンバーはそうでもなかったような)。

作り終わった後で、他のメンバーの KPIツリーを見てフィードバックします。
関さんに、「出せない人はプロダクト企画を評価できないひとですよー」といわれます。

うん、でないものだ・・・と。この時点で一回振り返り議論。そして休憩。

再開後、KPIの元となるポジショニングマップを各自作成してみました。

f:id:cybozuinsideout:20160524190054j:plain

超苦戦。どんな顧客に・・・がかけなくて、時間切れ。 そして、他のメンバーの内容を見てフィードバック・・・。 KPI以前なのかもしれない。いや、やることを理解できなかったんだ。何回も繰り返せば、出来てくるはず・・・きっと。

さらに、ポジショニングマップから、何に注力するかを明らかにし、それを KPIツリーに反映させる・・・どうもかみ合わない。 これは、機能のレイヤーで考えてしまっているからで、ビジネスのレイヤーで考えられていないからではと思いました。

最後に、各自振り返りをして、共有して終了。

今回のまとめ

なんか散々・・・ではあるのですが、プロダクトをKPI観点から見るという思考はできました。気づきもたくさんありました。

  • 既存の継続、新規の獲得、それぞれのKPIをどう置くかが迷った
  • 他部署のKPIへの意識が低いことが分かった
  • 流れ(ストーリー)で考えると書きやすそうな気がする
  • 計算式になるかを意識するとKPIが出てきにくかった
  • KPIツリーは上にゴールが来る(!)

関さん、高橋さん、ありがとうございました。

2時間ほぼワークに当てられたのは、同じ会社のメンバーだから、自己紹介いらず、隠す必要なし、他のメンバーに気を遣う必要なし、ということで、効率よく使えました・・・が時間が足らない、とw
とはいえ、これを持ち帰り、BPM(ビジネスの責任者)と協力しつつKPIツリーを作ってみて開発・販売で共通のKPIを認識しながら活動するようにしたいと思います。