読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kintone と連携する図書管理システムを作ってみた

ハッカソン

みなさんこんにちは。SRE チームの内田(@uchan_nos)です。

サイボウズでは去年の 11/30 から 12/02 にかけて、4 回目となる毎年恒例の社内ハッカソンが行われました。 業務時間で好きなものを作ってよいので、図書委員でもある私は Raspberry Pi 3 と NFC リーダー、バーコードリーダーを使った図書管理システムを作ることにしました。 (ちなみに、この図書管理システムはハッカソンの審査で大賞に輝きました。うれしい!)

年明け 1 月下旬、ついに図書管理システムが本格的に稼働しはじめましたのでご紹介します。 使用機材やソースコードも公開しますので、興味があれば試してみてください。

続きを読む

エンジニアの複業採用始めました

お知らせ

こんにちは、エンジニア採用担当の岡田(@y_okady)です。サイボウズではこの度、サイボウズでの仕事を複(副)業とする方を募集する「複業採用」を開始しました。おかげさまで早速たくさんのご応募・ご意見をいただいているのですが、その中の一つに「副業で具体的にどんな仕事ができるのかわからない」といった声がありました。

具体的なことは何も書いてないしそりゃそうだよなーと思ったので、開発/運用のエンジニア職について現時点で考えている業務内容を共有させていただきます。

続きを読む

我々はいかにして技術選択を間違えたのか? 2016

Java

どうも!アプリケーション基盤チームの横田(@yokotaso)です!

kintoneなどで利用していたJavaフレームワークのSeasarのEOLに伴い、S2Daoからの脱却を試みたのですが、パフォーマンス問題や障害を発生させてしまうなど問題を多々発生させてしまいました。

同じ過ちを繰り返さないという強い決意のもと、今回の失敗をブログで公開いたします。 失敗をあえて公開する点で斬新かつ濃いブログ記事となっております!

失敗体験の公開は恥だが役に立つ!

続きを読む

Cybozu Tech Conference 2016 開催報告

イベント

こんにちは。生産性向上チームの宮田(@miyajan)です。

12/13(火)に、サイボウズの技術発表イベント「Cybozu Tech Conference 2016」を開催いたしました。

f:id:cybozuinsideout:20161222142302p:plain

東京・大阪・松山の3拠点をテレビ会議で同時開催したところ、社外から多くの参加者にご来場いただきました。ありがとうございました!

f:id:cybozuinsideout:20161222142528j:plain
東京
f:id:cybozuinsideout:20161222142611j:plain
大阪
f:id:cybozuinsideout:20161222142630j:plain
松山
続きを読む

サイボウズではミドルウェアエンジニアも活躍しています

インフラ

こんにちは、アプリケーション基盤チームの青木(@a_o_k_i_n_g)です。

先日、エンタープライズジン様の記事で、弊社の名前が挙がっていました。

井上 まあ、ミドルウェアに詳しい人間もいないと。ミドルウェアだけじゃないですけど、やっぱりアプリケーションベンダーも、我々もそうですし、サイボウズさんとかだって、ある程度ミドルウェアに詳しい人は一定数必要じゃないですか。そういう意味でいうとポジションはあるかなって。

神林 それはあるかなあ。研究所ですよね。サイボウズだったらサイボウズラボですよね、結局。

http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8770?p=6

この意見について、サイボウズではミドルウェアエンジニアも活躍しているという紹介をさせていただきます!

続きを読む

RedashでSAML認証できるまで

Neco

こんにちは、アプリケーション基盤チームの池添(@zoetro)です。 2016年9月に中途入社し、Necoプロジェクト(アーキテクチャ刷新プロジェクト)において新しいログ基盤の構築を進めています。 その一環でRedashの導入もおこなっています。

新しいツールやサービスを導入するときに気になるのが認証の仕組みです。 社内ではいろいろなツールやサービスを活用していますが、それぞれにアカウントをつくるのは大変なので、やはりシングルサインオン(SSO)したいですよね。

Redash v0.11のドキュメントを見るとSAML認証について記載されていました。 さっそくSAML認証の設定をし始めたわけですが、どうにもうまくいきません。

そこで、SAML認証ができるまで - Cybozu Inside Out | サイボウズエンジニアのブログを読み、RedashやOpenAMのソースを調査し、SAMLの仕様書とにらめっこしながら、なんとか認証できるようになったので、その過程を紹介したいと思います。

なお、IdP(Identity Provider)としてはOpenAMとAD FSで動作確認しています。

ちなみにRe:dashはv1.0からRedashという名前に変わるみたいですね。

続きを読む