読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RedashでSAML認証できるまで

Neco

こんにちは、アプリケーション基盤チームの池添(@zoetro)です。 2016年9月に中途入社し、Necoプロジェクト(アーキテクチャ刷新プロジェクト)において新しいログ基盤の構築を進めています。 その一環でRedashの導入もおこなっています。

新しいツールやサービスを導入するときに気になるのが認証の仕組みです。 社内ではいろいろなツールやサービスを活用していますが、それぞれにアカウントをつくるのは大変なので、やはりシングルサインオン(SSO)したいですよね。

Redash v0.11のドキュメントを見るとSAML認証について記載されていました。 さっそくSAML認証の設定をし始めたわけですが、どうにもうまくいきません。

そこで、SAML認証ができるまで - Cybozu Inside Out | サイボウズエンジニアのブログを読み、RedashやOpenAMのソースを調査し、SAMLの仕様書とにらめっこしながら、なんとか認証できるようになったので、その過程を紹介したいと思います。

なお、IdP(Identity Provider)としてはOpenAMとAD FSで動作確認しています。

ちなみにRe:dashはv1.0からRedashという名前に変わるみたいですね。

続きを読む

アクセシビリティチェックツールとしてのスクリーンリーダー

UX/UI

こんにちは。Garoon 開発チームの杉山です。

皆さんはスクリーンリーダー(画面読み上げソフト)を使われたことがありますでしょうか。主に視覚障がい者向けのツールだと思われるかもしれませんが、実はアクセシビリティのチェックツールとしても、とても有効に使うことができます。一方で独特の操作が多いため、慣れていないと操作が難しい一面もあります。 本エントリでは、開発者やデザイン担当者がアクセシビリティチェックツールとしてスクリーンリーダーを使う際の注意点をまとめてみました。

続きを読む

Rでkintoneのデータを取得するパッケージをCRANで公開しました

オープンソース

ドーモ、SREチームの湯谷(@yutannihilation)です。

表題のとおり、kintoneアプリのデータをRのdata.frameとして取得するパッケージ「kntnr」をCRANに公開しました。これで、Rでデータ分析もグラフ作成*1もやり放題です。

CRAN - Package kntnr

※あくまで個人の趣味として業務の合間につくったものです。自己責任でお使いください。

*1:kintoneではグラフ作成も思いのままにできますが、ggplot2に慣れてしまうとちょっと物足りないときがあります。

続きを読む

みんなで理想を共有! "動く"プロトタイプを導入しました。

UX/UI

こんにちは。サイボウズ デザイングループの樋田(といだ)です。
今年の6月にデザイナーとしてサイボウズへ中途入社しました。
今は社内でプロトタイピングおじさんやってます。

プロトタイピングってもう開発のプロセスには欠かせないものになってますよね。
サイボウズの開発でもいままでプロトタイピングをやってきたのですが、プロトタイピングをより開発に活かすべく新しいツールを導入することにしました。

続きを読む

そのコードに価値はあるか?kintone開発チームでスクラムトレーニングを受講しました

開発プロセス

こんにちは。kintone開発チームの天野(@ama_ch)です。3ヶ月ほど前からスクラムマスターを始めました。

10/18(金)に@ryuzeeさんにサイボウズ東京オフィスにお越しいただき、kintone開発チームのメンバーでスクラムトレーニングを受講しました。

続きを読む

サイボウズサマーインターン2016 報告その3〜デザイナーコース

インターン UX/UI

こんにちは。サイボウズ デザイングループの河内山です。

サイボウズではサマーインターンを8月から9月にかけて3回開催しました。今回は「サイボウズ サマーインターン報告その3」と題して、サマーインターン3回目のデザイナーコースの報告をします。

f:id:cybozuinsideout:20161025164910j:plain

続きを読む

デブサミ関西「企業向けクラウドサービスの開発・運用」の発表報告

イベント

こんにちは大阪開発部の三苫(@mitomasan)です。

2016/09/16 デブサミ関西(Developers Summit 2016 KANSAI #devsumi)にて「企業向けクラウドサービスの開発・運用 ~悩みどころのパターンと対策~」というタイトルで発表してきました。少し間が空いてしまいましたが報告します。

続きを読む